Micro Drone

パーティー、屋内イベント、コンサート、ショールーム内のPR動画、建築物内部などの狭小空間で活躍するのがマイクロドローンと呼ばれ、スポーツなどの追い撮りに使用されるのがFPVドローンと呼ばれる小型ドローンです。通常の空撮機と呼ばれる機体とは違い、機体を安定させるGPSを搭載せず操作技術だけでコントロールします。元々、室内や地下ではGPSが効かないために操作技術が要求され空撮機のパイロットではホバーリングさえ難しい機体です。
DronemoviezではFPVレーシングチームに所属する
優秀なパイロットがニーズにお応えします。

BEFORE WE START

Go Pro搭載機による撮影

Go Pro(ゴープロ)とはアクティブスポーツの動画撮影を目的とした、頑丈で防水の小型軽量デジタルビデオカメラです。アマチュアからプロ、旅行からエクストリームスポーツまで多くのシーンで活躍し、テレビ番組の撮影にも使用されています。このGo Pro(ゴープロ)をマイクロドローンやFPVドロンに搭載して狭小空間でも自由自在に撮影することが可能となります。ビデオ撮影において4K60fpsの高画質で滑らかな動画撮影、静止画像12MP(メガピクセル)、1200万画素で撮影できます。

BEFORE WE START

どんな場所でも撮影

Dronemoviezのドローンパイロットは国土交通省の全国飛行許可申請を独自マニュアルで
あらゆるシュチエーションでの飛行許可承認を得ています。
またマイクロドローンやFPVドローンの飛行には5ギガヘルツ帯の電波を使用し飛行資格として国家試験によるアマチュア無線免許4級以上、業務で飛行させるための業務用無線免許3級以上が必要となる
2つの国家資格を有しています。

撮影は東京を中心に全国どこでも出張撮影いたします

近年、無線免許の無資格者なども増えていますのでご注意ください(電波法違反)

2名体制で撮影

ドローンパイロットはゴーグルの中に映し出された画像を見ながら操縦するため目視外飛行となります。目視外飛行はドローンを飛行させられる1人を補助者として撮影することが法令で義務付けられています
必ず2名で撮影させていただきます。

納品データ

撮影終了後にデータはお渡し可能です。
ノートパソコンなどをお持ち頂ければ転送いたします。また後日ストレージにアップしダウンロードして頂く方法でも納品は可能です。動画のフォーマットはmp4で静止画はJPGもしくはRAWデータとなります。

一般空撮機の撮影

一般的な空撮機での撮影もいたします。
DJI Phantom4Pro / DJI Air2sにて対応。GPSの効かない状況下でも
ATTIモードで撮影いたします。

小型ドローンが活用する撮影シーン

小型ドローン(マイクロドローン、FPVドローン)が活躍するシーンは、一言で表現するなら狭小空間およびモータースポーツなど
動きの速い被写体への撮影です。以下各種撮影シーンとなります。

◆結婚式場のPR用の施設内撮影

◆ショールーム内の撮影

◆マンションや建売物件の内部撮影

◆内部イベントやコンサート撮影

◆モータースポーツの追い撮り撮影

◆飲食店など店舗PR動画撮影

◆天井裏などの点検撮影

◆一般空撮機の入れない場所の撮影

KEEP IN TOUCH

60,000円~お見積り

撮影料金は撮影飛行時間、撮影難易度、交通費などで変動します。
詳細をお伺いしてお見積りさせていただきます。
東京・埼玉は交通費はいただきません。
下記フォームよりお気軽に何なりとお問合せください♪